« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月26日 (日)

ショック!!

金曜日に出張から帰宅し、しばらくすると嫁さんが・・・

「ごめんね!車・・・ぶつけちゃった・・・!」

なんですとーッ!!

よくよく話を聞くと、後ろのバンパーをぶつけたようで・・・。

よかった~ッ・・ボディーじゃなくて・・・。

朝、早速見てみると、バンパーは良いにしても、オプションで付けた

メタリックのガードがめくれ上がってしまい、確かに大した傷ではないし、

大きな事故を起こすよりは全然良いのだけれど・・・・・・

まだ、購入して4ヶ月だからね~・・・

ショックです・・・・。

(今日、ディーラーへ行って、応急処置をしてもらいました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

春に向けて・・・

もうすっかり春ですね・・・・。

319_3 先日釣行した寒狭川周辺も春の装いでした。

(奥飛騨方面はまだまだ残雪が多いようですが・・。)

4月の釣行に向け、ちょっとフライを巻きました。Photo_1 Photo_2

オレンジボディーのソラックスです。

グレー(アダムス)やイエローのボディーのは、

かなりストックがあったのですが、春先の動きの鈍い魚に、

よりアピール出来るのではないかとボディーの色を強くしました。

シーズンを通し、このソラックスタイプとパラシュートタイプを

パイロットフライにしていますが、オレンジボディーに期待です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

寒狭川

今日は午前中のみの釣行だったので、「近場で・・・」と思い、寒狭川のルアー・フライ専用区へ行ってみました。なんとこの地区への釣行は6年ぶりです!前回は4月上旬の釣行でしたが、瀬の釣り上がりでドライに出た記憶があり、ライズの釣りも合わせて出来たら良いな~などと思いながら現地に向かいました。自宅から1時間ちょっとで広見ヤナ前に到着(こんなに近かったんですね)。前日の雨の影響で水がかなり多いようだ。319 その他のポイントも見て回ったが、ライズも無いようなので源氏橋の下流部の瀬をニンフで探る事にした。6年前に釣り上がり、ドライで釣果があったのもこの瀬だったので、なんとなく期待感があったのだが、ダメでした~!魚が溜まっていそうな深みにしつこくフェザントテールを流し込んだのだけども、反応が無く、少し下流の広見ヤナプールでライズを待ったが、かなりの強風に雨が落ちてきたので、退散。帰りに支流の当貝津川で少しやってみたけど、やはり強風と雨ですぐに納竿・・・・。時計が12時を指していたので、岐路に着きました。

寒狭川へは久々の釣行でしたが、自宅から1時間ちょっとという自分にとっては「ちょっと行ってきます!」的なポイントと言えそうです。解禁直後のライズの釣りも良いですし、盛期になれば、支流でもドライでの釣りが楽しめそうです。「ちょっと通ってみようかな!」と思わせる流れでした。319_1

それにしても、このところの釣行では肝心の釣果がありません。なかなかフライフィッシング日和に恵まれんな~!という感じですが(腕も悪いんですけど・・・・・)、そろそろ釣らんとね・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

ダメでした~!

久々の釣行です!

「このところのポカポカ陽気で、ドライフライに出るかも・・・!久々に里川でライズを探しながら遊んでみよう!」などと思い、比較的、早春からライズのある(だろう)加子母川から竹原、乗政川方面に出かけました。長良川水系にも未練があったのだが、雪代が入ってダメだろうな!と思い、また、蒲田川にも行きたいし・・・!などと思いながらも、日曜日の釣行なので近場で、早めに帰ろうなどと考え、車を中津川から裏木曽街道へ走らせました。今日は天気が良くないと言ってたとおり、加子母村に着くころには雨が降り始めましたが、竹原川に7時に着き、乗政川との分岐点から釣り始めました。・・・が全く反応無し・・・。やはりドライでは早いか・・・・!時間が早いのか?などと思いながらポイントを探しながら移動しているうちに激しい雨が降り始めてしまい、暫く車の中で待機。降り止みそうも無いのと、この川に自信が無くなったので、加子母川へ移動。いろいろポイントを探し、良さそうなポイントを見つけたので釣り始めるが、やはり反応は無し・・・。かなり激しい雨が降っているのと、急激に気温が下がったようで寒さも厳しくなったので・・・・納竿。結局、そのまま帰路についた。

今年は自分が釣行する時は必ず寒気が入り込んできてメチャメチャ寒いか・・、雨が降るか・・・だ。(まだ三回しか釣行してないけど・・・)   ついてないや・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »