« 快晴 | トップページ | 2008年・初石徹白 »

2008年5月 6日 (火)

長良川本流

久々に行ってきました、長良川。

今回はフライではなく、朝一番にエサ釣りで勝負したいと思っていた。

というのも、昨年から試してみたいと思っていた、「ゼロ釣法」をやるためだ。

竿は、入門用の「トライアンゼロ・7.0M」 ハリスは0.125。

ちょっと遅めの出発になり、目的地(白鳥地区)に着いたのは8時。

自宅を出るころから降り始めた雨が激しくなってきた。

しかし、ゴールデンウィーク最中だし、雨交じりの方が魚の反応が良いだろうと、気持が高ぶってきたまでは良かったのだが・・・・・。

釣り始めて「トライアンゼロ」を曲げるのは、ウー様ばかり・・・・・。

ちょっと大きめなウー様がヒットすると、さすがに「トライアンゼロ」!良く曲がる・・・・。

たまに、アマゴかな~?と思えるアタリがあったが、釣れてくるのはウー様だけ・・・・・・。

二時間で餌のヒラタは、ほとんどウー様の餌となり、雨も激しくなってきたので、一度休憩を取ろうと思い、最後だ~!と瀬を流すと・・・・・・。

先ほどまでのウー様とは、明らかに違う引き!!

「トライアンゼロ」が面白いように曲がる。

釣れたのは、27㎝ほどのイワナ。丸々と太った立派な本流イワナだ。

55

長良川本流でイワナを釣ったのは、初めてだ。

55_2

その後、よく行く釣具屋で情報を聞こうと行ってみた。

アマゴが厳しい理由を、教えてくれた。

曰く「何日か前に鮎の稚魚を放流。本流のアマゴは、稚鮎を追っかけるのに夢中で、今の時期は、エサでは釣りにくい。ルアーの方が、良い結果が出るのではないか!」

ということだった。

もちろん、釣り人(私?)の腕が悪い事が、釣れない理由の一番だと思うけど。

イワナに関しては、「ここ数年、支流からイワナが落ちてきて、本流に定着している!」ということだった。そのイワナが本流で大きくなり、最近釣り人を楽しましているようだ。

そんな話を聞くと、本流で釣る気が無くなってしまう・・・・・・・・・。

雨も激しくなり、結局、午前中だけで納竿。

初ゼロ釣法は、結果が出なかったが、まあ、しょうがないな・・・・。

次は、盛期の渓流で試したいと思う。

もちろん、フライフィッシングも忘れてませんよ!

|

« 快晴 | トップページ | 2008年・初石徹白 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5815/20808449

この記事へのトラックバック一覧です: 長良川本流:

« 快晴 | トップページ | 2008年・初石徹白 »