« 蒲田釣行 | トップページ | 半日釣行 »

2009年5月 6日 (水)

GW釣行

5月3日、日帰りですが、久々の釣行でした!

色々考えた末に、奥飛騨の初めての川に行くことに決めました。

自宅を夜中の12時に出発。

ひたすら東海北陸自動車道を走り、飛騨清見まで!

1000円っていうのは、安いよね!

GWってこともあるけど、高速代が安いっていう影響も大きいみたいで、

真夜中なのに、パーキングは満車状態でしたよ!

目的の川には、4時半に到着。初めての川なので、明るくなるのを待って、

ポイントを見て回り、「ここっ!!」っていうポイントへ入渓した。

Imgp5528 この川(ポイント)は、ダムの下の本流で、大物が釣れる事でも有名だ。大きな淵と荒瀬が交互にあり、いかにも大物がいそうな川。

最初は、餌釣りで荒瀬を攻めてみた。餌は、ミミズと川虫を用意。

流れが緩やかなポイントでは、ウグイ食ってくるので、流芯脇の速い流れを攻めたのが良かったのか、27センチ程のレインボーが食ってきた。サイズの割には元気がいい!!

同じサイズを2匹キャッチしてポイントを移動。

Imgp5535 もう少し数を釣りたかったが、どうもスレているようで、それらしいアタリはあるものの、なかなか乗らなかった。

GW中ということもあり、さすがに人が多い。

大きなプールを発見。いかにも大物がいそうな雰囲気だったので、今度はフライロッドをセットして、ライズを待ってみた。

結局、目を付けたプールでは、ライズは起こらなかったが、流れ込みの上流の瀬で小さなライズを発見。

Imgp5542 CDCカディスで仕留めたのは、26センチ程のイワナだった。

ライズを発見し、フライをセレクトし、2~3度のドリフトで仕留める・・・。やはり、フライは最高に面白い!!

また、ライズするだろうと、待っていると、先ほどライズしたポイントの奥で発見。

同じCDCカディスで、一発!!

Imgp5562 結局、このポイントでは、同じサイズのイワナをライズ狙いの釣りで、3匹キャッチすることが出来た。

なかなか釣れるサイズのイワナではないし、ましてや、ライズを見つけて釣るのは、めちゃくちゃ楽しい!

午後からは、別の川に移動。

奥飛騨から奥美濃へ、少し遠いとは思ったが、石徹白まで移動した。

Imgp5568 いつものポイントには、人が入っていたので、上流域に入渓。

サイズは小振りだけど、面白いように、イワナは飛び出してくれた!

今年の石徹白は、かなり良さそうな感じ。

イブニングでは、下流域を狙ったけど、これは不発に終わってしまった・・・・・。

しかしながら、すごく楽しい一日だった!

石徹白で、ちょっと嫌な思いをした。上流域で釣りをしている時に、餌釣り師に遭遇した。

今年から、峠川での餌釣りは禁止されていることは知っていたし、こんな小さな川を釣るのには不似合いな位、大きなリュックを背負っていた。

自分もフライだけだなく、餌釣りもするので、餌釣り師だけを、一方的に疑うつもりはないが、「知らなかったから・・・」という言葉は信じられなかった。

なぜ、そういう行為をするのか・・・・?信じられない・・・・・。ルールを守った釣りをしたいものである!

|

« 蒲田釣行 | トップページ | 半日釣行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/5815/29457075

この記事へのトラックバック一覧です: GW釣行:

« 蒲田釣行 | トップページ | 半日釣行 »