« 2009年5月 | トップページ | 2010年9月 »

2009年10月15日 (木)

2009年・ラスト釣行

ホントーに久々の更新です。この間、釣りに行ってないかというと、そういう訳ではありません。

ただ、やはり釣行回数は少なかったですよ・・・・・。この大不況の波に飲み込まれて、今年は土曜日がほとんどサービス残業です。なかなか時間ができなくてね~!・・・・・。愚痴はさておき、9月22日に、今年もラスト釣行へ、行ってきました。

大好きな木曽川水系の高原の渓、奥飛騨、奥美濃の渓など、行きたい渓はたくさんありましたが、最後に選んだのは、昨年も最後に大物狙いで挑んだ、犀川水系です。

名古屋の自宅を夜10時に出発。昨年までは、高速代を気にして、下道で行きましたが、豊科まで@1000っていうには、大きいよね。で、結局、1時位には豊科インターに到着。寝袋に入りこみ、爆睡しました。

朝、4時半に起床し、昨年のラスト釣行で大物を取り逃がしたポイントへ。幸い、先行者が無く、早速釣り開始。

まずは、大ミミズを餌にして、エサ釣りからスタート。アタリはあるものの、どうもウグイらしい・・・。そこで、オモリを追加して、流芯下をゆっくりと流してみる。

Photo_7 それまでとは違う、アタリ。釣れてきたのは、27㌢ほどの元気なレインボー。

さらに、流芯下を狙う。今までにないドスンというアタリと同時に、8メーターの竿が大きく曲がる!

長いやり取りの末、タモに収まったのは、36㌢のブラウントラウト。昨年、取り逃がした魚より大きいかどうか、わからないが、一年越しの夢がかなった感じだ。

この川にしてみれば、大物ではないかもしれないが、自分にとっては、素晴らしい渓魚である。

Photo_2

その後、前後の本流の瀬を釣り歩き、Photo_3 25センチ前後のブラウン、レインボーを適度に釣ることができました。本流の瀬は、大石も少なく、一見、ポイントが分かりにくいですが、底石でできた流れのヨレとかを丁寧に流すと、反応があり、エサ釣りを楽しむことができました。欲を言えば、大場所で大物を狙いたかったですが、さすがにシルバーウィークということで、人が多く、大場所には入ることができませんでした。

イブニングは、フライフィシングで!!と思っていたので、犀川本流からA川に移動し、ポイントを探しましたが、結局、昨年もイブニングで良い思いをしたポイントに入りました。ここも、先行者がいなく、ラッキーでした・・・・・。

上流の浅瀬のアシ際を狙おうと思っていたのですが、ちょっと下流の淵の流れ出し付近や、その対岸の岩周り、淵の流芯などで、ライズがあり、そっちから狙うことに。

Photo_4 このポイントでは珍しく、イワナも数匹混じりましたが、まあまあサイズの魚が釣れてくれました。大物を2回ほど、バラしたのは残念です。

目立った特定のハッチがあったようには見えなかったですが、パラシュートタイプのフライよりも、カーブシャンクのフックに、ウィングをCDC、ボディーをフェザントテールで巻いた、「半沈みCDCカディス」がアタリフライでした。ただ、CDCは、手返し良く釣ることが出来ないので、来シーズンに向けて、ウィングを何で巻くかを考えたいですね!

ここ数年、めっきり釣行回数が減ってしまって、釣りに対する思いが中途半端になってしまって・・・・。

エサ釣りにしても、フライにしても、おそらくルアーにしても、やっぱり渓流釣りは、楽しいんだよな~って、改めて思い知らされました。

来シーズン、どうなるかわかんないけど、出来るだけ多く、釣りに行きたいと思います。(まあ、そうしないとブログも更新できないしな~・・・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2010年9月 »